レタス選別システム(選果・選別)

概要

外葉除去・茎切り後のレタスを、パレット搬送しながら画像処理・包装をし、階級選別・等級選別を遺伝的アルゴリズムによりおこなうシステムです。

現地稼働風景の動画をご覧になりたい方はこちらをクリックして下さい。
動画はファイルサイズが大きいので表示に時間がかかる場合があります。

特徴

  • センサーカメラで撮らえたレタスの表面画像をコンピュータで解析し、その計測画像をモニターTVに写し出し、同時にレタスの形状判別結果が数値で表示されます。
    ニーズに合わせた階級・等級の選別基準値をご自由にお選びください。
  • 階級・等級の選別基準値は、タッチパネルで簡単に設定・変更ができます。
  • 生産者・品種を登録し、レタス出荷情報を管理します。
  • 生産者個別の出荷伝票の発行及び、出荷履歴・出荷総数の印刷ができます。
  • 出荷済みレタスの解析ができます。(オプション)
     例)品種別の出荷割合、秀品率の出荷推移、統計分布など。
  • 外葉に影響されることなく真の形状を認識。その結果、精度の高い選別が可能です。

システム各部


搬送パレット

1.搬送パレット
コンベヤでレタスを傷つけずに運ぶために、特殊な工夫をしたパレットです。


搬送コンベヤ

2.搬送コンベヤ
このコンベヤは、作業環境に合わせて自由に拡張・変更できます。


画像検出部

3.画像検出部
運ばれてきたレタスの形状をセンサーカメラでとらえます。


画像処理装置

4.画像処理装置
階級区分・・・6階級
(SS・S・M・L・2L・3L)
等級区分・・・3等級
(秀品・優品・並品)


クリーナ

5.クリーナ
茎切り取り部分から出る乳汁を拭き取り、レタスの商品価値を保護します。


投入・包装部

6,7.投入・包装部
パレット上のレタスを安定した姿勢で包装機に落とし込み、確実に素早く包装します。


仕分け装置 箱詰め

8.仕分け装置
画像処理装置で得られたデータにより、所定の枠へ自動的に排出します。手元までレタスが運ばれるため、箱詰め作業が楽で、人間の視覚による選別に比べ正確です。


仕様

  • 包装処理能力:1,600個/毎時
  • 所用動力:3相200V 2kw 単相100V 1kw
  • 空気圧(消費量):6kg/c㎡G以上(1.5kw以上・電力換算)
  • 階級選別能力:6階級
  • 等級選別能力:3等級
  • 機巾:400mm
  • 機高:1,000mm
  • 搬送速度:6~10m/min

システムフロー図

 生産者
↓ 生産管理
荷受 (伝票発行等)
↓ ↑
外葉除去・茎切り (4)画像処理装置
↓ ↑
(1)搬送パレット→(2)搬送コンベヤ→(3)画像検出部→(5)クリーナ部→
(6)投入部→(7)包装機→(8)仕分け装置→箱詰

システム概略図


レタス選別システム

お問い合わせ

製造事業本部 計器・産業事業部 産業システム部
TEL 050-8802-3090


メールフォームへでのお問い合わせ

このページの先頭へ