HOME › エンジニアリング紹介 › 計器校正 › トレーサビリティ

エンジニアリング紹介

トレーサビリティ

計測が、いつ、どこで、どんな計測器で行われても、その結果が同じ基準に基づいていることが明確であるためにはそれらの計測標準は、国家標準へのトレーサビリティが確立していなければなりません。

また、計測器の精度を維持するために定期的な校正(検査試験)を行う必要があります。

当校正機関で校正を実施している計測器類は、下図のようにJEMIC(日本電気計器検定所)、JQA(日本品質保証機構)、AIST(産業技術総合研究所)などの公的校正機関にトレーサビリティがとれています。


計測器の校正体系(トレーサビリティ)について

お問い合わせ


四国計測工業株式会社 エネルギー・環境事業本部 電気計装部 計器校正センター
〒793-0003 愛媛県西条市ひうち7番地の3
電話 0897-55-9125
FAX 0897-55-9158

メール送信

(校正依頼フォーム(Word版・Excel版)をご利用ください。)




メールフォームへでのお問い合わせ

このページの先頭へ