HOME › エンジニアリング紹介 › 環境分析 › 石綿(アスベスト)分析

エンジニアリング紹介

石綿(アスベスト)分析




クリソタイル

石綿(アスベスト)は耐火、耐熱、防音等の性能に優れた天然の鉱物であり、その多くは建材として建築物に使用されました。石綿を含有した建築物の老朽化が進み、これらの建築物等の解体や改修工事が増加してきております。
石綿障害予防規則及び大気汚染防止法により、建築物を改修・解体する際には使用されている建材製品に石綿が含有していないか調査する必要があります。
当社には建築物石綿含有建材調査者、(公社)日本作業環境測定協会による石綿分析技術評価事業の合格認定者などの有資格者が在籍しており、サンプリングから分析まで一括して対応いたします。

お問い合せはお気軽にお寄せ下さい。


サービスフロー

建材中の石綿分析については、
郵送での受付もおこなっています。

サンプルの送付先はこちら
〒764-8502
香川県仲多度郡多度津町南鴨200番地1
四国計測工業株式会社
環境技術センター 石綿分析担当 宛



空気中の石綿粉じん濃度の測定

偏光・位相差顕微鏡

メールフォームへでのお問い合わせ

このページの先頭へ