計器校正センター

計器校正センターでは、「試験所及び校正機関の能力に関する一般要求事項」に関する国際規格、ISO/IEC 17025の認定を取得いたしました。

解説

ISO/IEC 17025は、試験所・校正機関が特定の試験・校正を実施する能力があるものとして認定を得ようとする場合の要求事項を規定したものです。

計器校正センターでは、平成14年11月25日にISO/IEC 17025:1999の初回認定を取得し、ISO/IEC 17025:2005への移行を経ながら現在は、JIS Q 17025:2018(ISO/IEC17025:2017)に適合していることが認められております。

引き続き、この認定をもとに、校正技術の一層の充実・強化を図り、お客様にこれまで以上に信頼され、満足していただける校正サービスを提供してまいります。

備考

  • 機関名称 :四国計測工業株式会社
     エネルギー・環境事業本部
     電気計装部 計器校正センター
     〒793-0003 愛媛県西条市ひうち字西ひうち7番地3号
  • 機関の別 :校正機関
  • 適用基準 :JIS Q 17025:2018(ISO/IEC17025:2017)
  • 認定機関 :JAB (公益財団法人)日本適合性認定協会
  • 認定番号 :RCL00200
  • 初回認定日:2002年11月25日
  • 有効期限 :2022年11月30日
  • 認定範囲 :電磁気量(直流/低周波)

M11.6 直流電圧
校正方法:SHOYY-E65351-001 (所内手順書)
電圧発生器

校正範囲 拡張不確かさ 参照標準
100mV 18ppm Agilent 3458A
1V 7ppm Agilent 3458A
10V 5ppm Agilent 3458A
100V 8ppm Agilent 3458A
1000V 22ppm Agilent 3458A

 

校正方法:SHOYY-E65351-004 (所内手順書)
電圧発生器

校正範囲 拡張不確かさ 参照標準
100mV 10ppm Agilent 3458A
1V 6ppm Agilent 3458A
10V 5ppm Agilent 3458A
100V 8ppm Agilent 3458A
1000V 22ppm Agilent 3458A

 

校正方法:SHOYY-E65351-005 (所内手順書)
電圧発生器

校正範囲 拡張不確かさ 参照標準
100mV 20ppm Agilent 3458A
1V 10ppm Agilent 3458A
10V 10ppm Agilent 3458A
100V 20ppm Agilent 3458A
1000V 30ppm Agilent 3458A

 

校正方法:SHOYY-E43251-001 (所内手順書)
電圧測定器

校正範囲 拡張不確かさ 参照標準
100mV 13ppm FLUKE 5720A
1V 6ppm FLUKE 5720A
10V 4ppm FLUKE 5720A
100V 6ppm FLUKE 5720A
1000V 8ppm FLUKE 5720A

 

校正方法:SHOYY-E43251-004 (所内手順書)
電圧測定器

校正範囲 拡張不確かさ 参照標準
100mV 13ppm FLUKE 5720A
1V 6ppm FLUKE 5720A
10V 4ppm FLUKE 5720A
100V 6ppm FLUKE 5720A
1000V 8ppm FLUKE 5720A

 

校正方法:SHOYY-E43251-005 (所内手順書)
電圧測定器

校正範囲 拡張不確かさ 参照標準
100mV 70ppm Agilent 3458A
1V 60ppm Agilent 3458A
10V 60ppm Agilent 3458A
100V 70ppm Agilent 3458A
1000V 70ppm Agilent 3458A

 

包含係数に関する情報:信頼の水準約95%,K=2


このページの先頭へ