HOME › エンジニアリング紹介 › 環境分析 › 産業廃棄物

エンジニアリング紹介

産業廃棄物

  • 持続可能な社会を目指し、廃棄物 処理が注目されております。 アスベスト・ダイオキシン・ごみ質 ・汚泥等廃棄物処理を適正に行う 為の測定を行っております。
汚泥、燃え殻、ばいじん分析
汚泥、燃え殻、ばいじんを埋め立てたり、リサイクルする場合に必要な分析です。 溶出・含有試験を行い、有害物質の分析をいたします。
アスベスト分析
昭和50年に使用禁止となりましたが、吹き付けアスベスト等は、経年劣化により飛散するおそれがあります。 当社では大気汚染防止法・労働安全衛生法・作業環境 測定法に準拠した測定分析を実施しております。
ダイオキシン分析
焼却施設からの排ガス、灰、排水。 焼却炉設置場所の土壌等のダイオキシン類の測定をお受けします。
ごみ質の分析
廃棄物処分に伴う廃棄物(ごみ)の内訳(分類毎の乾燥重量、水分量) 等の測定を行います。
固形燃料試験
廃棄物から作られる固形化燃料RDF/RDFから、バイオマス固形燃料野の発熱量、含水率、組成等の各種分析が可能です。
建設産廃試験
建設/解体現場から発生する建設系産業廃棄物に対し、特別産廃の判定に関る分析をいたします。

 



メールフォームへでのお問い合わせ

このページの先頭へ