これまでの取り組み

四国電力では、これまでにOpenPLANETで培ってきた技術をベースに、家庭向けサービスに関する研究を行ってきました。
ここでは、四国電力にて取り組まれた事例について紹介します。


HEMS紹介


HEMS(Home Energy Management System)とは

住宅のエネルギー(電気、ガス、灯油等)消費量を削減する手段として、実際の家庭に IT技術を活用したネットワーク対応型の省エネマネジメント装置を設置し、自動制御による省エネルギー対策を推進するとともに、システムの確立・普及を図ることを目的とした事業です。
独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が公募した『エネルギー需要最適マネジメント推進事業(HEMS)』に、平成14年度~17年度の間、OpenPLANET技術を使用した事業が、採択されました。
この間、四国電力にて取り組んだ内容をご紹介します。

HEMS事業への取り組み

平成14年~17年の間、高松市近郊のモニター世帯(約100軒)において省エネルギーサービスの実証試験を行いました。
実証試験は、「モニター家庭」、「四国電力」、「データセンター」などの構成で実施し、モニター家庭に取り付けた、「電力量計サーバ」や「モニタリングボード」、「PCA」などの装置と、PHS網を利用したデータ伝送技術や既存の電灯線を利用した電灯線通信技術などを用いて、
・ご家庭の電気の消費量をリアルタイムにご覧いただける「間接制御サービス」
・電気製品のON/OFFやエアコンの設定温度を自動的にコントロールする「直接制御サービス」
などのサービスを提供しました。


HEMS紹介

ご家庭の省エネサービス研究の取り組み

平成17年度に、ご家庭のエネルギー消費量を削減することを目的として、近年普及が始まりつつあるネットワーク対応家電機器を活用して、住人がご家庭の電気の消費量をリアルタイムにご覧いただける省エネ管理装置の研究に取り組みました。
平成18年度は、これまでの研究成果を踏まえて、ご家庭内の表示端末にエコキュート用システムリモコンを活用することにより、
・ご家庭の電気消費量をグラフや表形式でご覧いただけるエネルギー情報提供
・家庭間の電気消費量のランキングやワンポイントアドバイスなどの省エネ情報提供
などの研究に取り組みました。

【システム構成(平成18年度)】


【システム構成(平成18年度)】

【機能概要】

  • 電力量管理装置
    ご家庭全体の電気消費量を計測し、その値をグラフや表形式で表示端末に提供するとともに、設定された目標電気消費量の超過を予測した場合は住人にお知らせします。また、計測した情報はインターネットを介して省エネ情報提供センターに送ります。
  • 表示端末
    Webブラウザ機能を内蔵したエコキュート用システムリモコンに電力量管理装置や省エネ情報提供センターから提供されるエネルギー情報および省エネ情報を表示します。
  • 省エネ情報提供センター
    電力量管理装置から送られた情報を蓄積・加工し、ご家庭での省エネ活動を促進するための家庭間の電気消費量ランキングやワンポイントアドバイスなどの情報を表示端末に提供します。

メールフォームへでのお問い合わせ

このページの先頭へ