ビルエネルギー管理システム(BEMS)

特徴

  • 省エネルギー情報提供
    エネルギー消費量の時間・日・月変化をグラフ表示することにより、省エネルギー意識の高揚を促します。
  • 自己診断
    各計測データをグラフ化することにより設備の健全性を視覚的に管理します。
  • 空調機省エネルギー運転
    空調機の運転モードの自動切換または、切換メッセージの表示により、空調機を省エネルギー運転させます。

システム構成


システム構成

機能項目

[省エネルギー情報提供]

  • 消費電力量、空調負荷のグラフ表示および単位面積あたりのグラフ表示
  • 太陽光発電設備の発電量と日射量の相関グラフ
  • 空調負荷と各設備消費エネルギーの関係をグラフ表示
  • 上水、中水、雨水の使用量および使用率をグラフ表示
  • 熱源運転状況、蓄熱夜間移行量をグラフ表示 など

[自己診断]

  • 熱源設備の入出力、外気条件をグラフ表示(熱源設備の劣化管理)
  • 熱交換器の出入口温度をグラフ表示(アプローチ温度変化管理)
  • 各部屋の温度分布をグラフ表示(空調機動作管理)
  • ビル管理システムでの警報発生回数をグラフ表示(設備劣化管理) など

[空調機省エネルギー運転]

  • 年間スケジュールおよび外気温度により季節切替メッセージを表示
  • 時間スケジュールにより熱源設備・空調設備の時間切替(昼/夜)
  • 室内温度により空調ウォーミングアップ時間を判断し、無駄の少ないウォーミングアップ運転
  • 室内外の条件により自然換気運転を実施し、エネルギー消費を低減
  • 過去の空調負荷データおよび気象データより空調負荷を予測し、効率の高い運転方法を選択

お問い合わせ

営業開発本部 営業部
担当 営業担当
TEL 050-8802-2172

営業開発本部 東京支社
TEL 03-3433-8198


メールフォームへでのお問い合わせ

このページの先頭へ